本サイトは記事内に広告を含みます

不動産投資は「投資」なの?

PVアクセスランキング にほんブログ村

憧れの不労所得を目指して配当投資をするも、なかなか積み上がらない配当金…。

配当金だけでは、満足できず不動産投資へ。

そもそも不動産投資は「投資」と呼べるものなの?

私は、実際に不動産事業のお手伝いをしていることもあり、思う事をそのままに。

不動産投資は事業

結論から言ってしまえば、ゼロから始める不動産投資は完全に「事業」です。

現物の不動産投資には、株式投資で言うところのインデックス投資のような参加者全員に利益が発生するようなことはありません。

リートのように不動産が証券化されたものはあります。

しかしながら、不動産投資を「事業」と考えている以上は、例えリートであっても普通の人の資産形成において出番があるとは思えません。

不動産投資が事業である理由

不動産の賃貸収入は税法上の事業所得にもなる

不動産の賃貸収入は税法上の事業所得にもなります。

アパートなどの賃貸収入がある方は、条件を満たせば個人事業主として青色申告ができます。

青色申告ができるということは、不動産から所得を得るには事業性が必要であり、それが公に認められている、ということ。

不動産投資でみんなが成功することはない

冒頭でもお話しましたが、不動産を買った人全員が利益を上げることはできません。

不動産事業のお手伝いをしている身としては、不動産を所有している人の半数以上は損をしている、といった所感があります。

また損はしていなくても微益であったりと、本当に収益を出せている人は極々僅かな所感が…。

【まとめ】不動産投資の事業性

不動産投資の難しいところと言えば、税金が絡む収益の計算

大して不動産の知識もない人が適当に買った物件で家賃収入を得て儲かる…、そんな楽な不動産投資はありません。

つまり、儲けるための物件を選び、どうやって安定した家賃収入を得ていくかを考え続ける必要があります。

そこにはインデックス投資のようなほったらかし投資はありません。

不動産投資をする、ということは事業を成功させる目利きや手腕が必須だということ。

不動産投資は、普通の人が資産形成のために片手間でやるようなものではない!

そんな理由からも、不動産投資は「事業」と結論づけるわけであります。

\不動産を学んだ初めの一冊/

¥1,703(2024/05/16 21:13時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です