もか流子育て~part1~

こんにちは~もかです
@mama-asobitai
今回はもか流の
「子育て」
についてお話します!

PVアクセスランキング にほんブログ村

あっ…

「もか流子育て」とか大層な事言ってますが

私まったくもって教育ママではないですwww

子どもを「いい大学」に入れたい!

とか考えてません!

ただ、自分で考え、自分の道は自分で

切り開いて行ってくれるようになって欲しい

そのためのアシストは

全力でしてあげたい

これだけなんですよ!

 

うちには今・・・

5歳の男の子と7歳の女の子がいます

子どもが産まれてからというもの

「子どもにとって何がベスト」なのか

いろいろと子育て本を読みましたが

最近はもうやめましたwww

だって

みんな同じ性格してる訳ではないんですから

やってみたところで

うまく行かない事なんてザラですし

いろいろ試してみて・・・

思うように上手くいかない!

ってのを何回も繰り返してると・・・

親も子どももツライ!!!

なので最近はあまり子育て本などは読まずに

自分の中のコレだけは大切にしたい!

って所を特に大事にできればいっか!

と、そんな感じで、

ゆる~~~い子育てしてます

ってことで

私が子どもに対して

コレは大切にしたい!

と思っている事をお話します

子どもの性格は1人1人違います!

全員に当てはまる事ではないので

こういう子育ての考え方もあるんだな~

くらいで読んでいただければと

 

目次(タップで読みたい項目へ)

「過程」をほめる

子どもを伸ばすにはほめる事が大事

ほめる!ほめる!!

叱らない育児!

最近の育児では

「ほめる」育児法があります

でも、ただ

「凄いね~」「さすがだね~」

と単純になんでもかんでも褒めればいい!

って訳じゃないと思うんです

小さい頃はそれでいいのかもしれませんが

「幼稚園」や「保育園」などで

集団行動をするようになれば

イヤでも他人と自分を比べる事が出てくる

 

うちの長女のももんが

年長さんで二重飛びを3回出来た時

凄いねーーー!!!
ホント凄いっ!天才!

って感じで、ほめちぎった事があるんですが

え?〇〇ちゃんは
もう二重飛び何回も
飛べてるから
ももんはそんなに凄くないんだよ

そんなことないっ!
ママは運動得意だったけど、6歳では出来なかったもんっ!

凄いったらスゴイんだ!

ってなった時がありました…

冷静に今思い出してみると・・・

私の方が子どもですねwww

親バカと笑って下さいな

私は本当にスゴイと思ったんですよ!

でも

ももんの通っている幼稚園は

特に運動に力を入れていて

6歳でも二重飛びが出来る子が

結構いるんです…

そうは言っても

そのころ通っていた

「体操クラブ」

の中では断トツに上手だったので

体操クラブを見学していて

やっぱり凄いじゃん!

なんて1人、心の中で思っていたんですが

ももんにしたら、

二重飛びが出来る事は

スゴイ事に思わなかった

みたいです

だって

クラスに何人もできる子がいるんですから

 

特にうちの幼稚園は今どき珍しいのですが

結果を教室に張り出してあったんです!

縄跳びのワザができると

「グラフのマスを1つ塗る」

というシステムで

それによって子ども達が競い合うので

負けず嫌いな子は

一番高いグラフを目指して頑張る!

競争心からやる気を引き出すんですね

 

で、そのグラフを見ると、

子どもでも

自分がクラスでどの程度なのか

一目瞭然!

小さい子どもながらに

集団行動していれば上には上がいる

って事がイヤでも分かっちゃうんですよね~

そんな子にただ「凄いねー」とだけほめても

あまり意味がないなぁ

と、その時感じました

なので今はそれが出来るようになった

「過程」をほめるようにしています

凄いね~、二重飛びが出来るようになる為に
毎日一生懸命練習したもんね~

これです!

こうほめ方を変えるよう心掛けています

他人と比べず

子どもの頑張りをほめる

そうする事で子どもも

自分のことを ちゃんと見てくれていた

と実感することが出来るんじゃないかと!

そんな風に

過程をほめるようになってから

より子どもが心から喜んで

私の「凄い」を受け止めてくれています!

た…たぶんね

正解は分からないけど…

私はそう感じる!

考えるな!

感じろっ!

五感を研ぎ澄ませて、

子どもの小さな表情の変化を観察するのだ!

それはきっと気のせいではないはず!

 

ドントスィンク!
フィ~~~~ル!!!

 

意味わからん!

はい、次!www

 

親の姿が大事

皆さんは我が子にどうなって欲しいですか?

お勉強が出来るようになって欲しい

スポーツが出来るようになって欲しい

やさしい子になって欲しい

などなど

我が子にはいろいろな期待があります

ある程度の期待は

子どものやる気を引き出してくれる

と、思うのですが

行き過ぎた期待

子どもを押さえつけるのは良くないなぁ

と、気を付けています

 

勉強が出来るようになって欲しい

ってみんな親なら思いますよね~

じゃあ自分はどうだったの?

って考えた時に

え?私!?!?

残念ながら頭いい方じゃないです…

本気出せば出来るのよ!

なんて言って

全然やらなかったタイプ…

 

そんなど~~っしよ~もないタイプのヤツが

親になれば

勉強が出来た方が将来の選択肢が広がるから
今のうちから勉強してほしい

なんて思う訳ですよ

でも、それは

今私が大人になってから出来上がった価値観

それを子どもに急に押し付けるのは

子どもも苦しくなっちゃいますよね・・・

だから!

子どもに将来なって欲しい姿に

自分がなるよう努力する!

勉強をしてほしいなら

自分が率先して勉強する!

そう言った親の姿を見せれば

もしかしたら・・・

子どもが自分が思った方向に

付いてきてくれるかもしれません

「優しい子になって欲しい?」

じゃあまず自分がまずなれっ!!!

もかよ

やれば出来るのよ

なんて言ってるヒマあるなら、やるんだ!

#自分がやれ

大人の自分が出来ないことを

子どもに押し付けるのは酷だぞ!

 

ママはみんなに
優しく出来る??

って聞かれたら

ムリッ!

と私は即答するwww

全員に優しくはムリだろぉ!

じゃあよく幼稚園や学校で言われる

みんなに優しく

ってのは、私はもう言いません!

だって私がそう出来ないからwww

どうしたって合わない性格の人はいるもんっ

って事で、わたしは最近開き直ってます

優しい子になって欲しいなら・・・

自分がまず優しくなる

勉強して欲しいなら、自分も勉強する

それが出来ないなら子どもに押し付けるなっ

 

山本五十六の名言に

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

というものがあります

正に!ソレ!

まずは自分がやってみて

それを子どもに見せる

興味があるようなら一緒にやってみて

そして先ほどの褒める!!

それでようやっと

またやろうかな~

って子どもの気持ちが

生まれると思うんですよね~

子育て
難しいよ…

 

今日の格言

子育ては大変!
だから楽しい

By もか

 

ブルースリーに引き続き
今度はみつをか…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA