娘ももんの「初!お泊り体験記」

こんにちは~もかです!
@mama-asobitai

PVアクセスランキング にほんブログ村

昨日はじめて自らの意思で

私の姉夫婦の家へお泊りしたいと決断した

私の娘、ももん(7歳)

\前編はこちら/

合わせて読みたい

 

私も夫のともぞーも

寂しがりやのももんは
大丈夫だろうか?

と少し心配していたのだが

次の日の昼頃

迎えに行ってみると

ニッコニコのももんが出迎えてくれた

 

なんだか1日ぶりに会うと

いつも以上に愛おしくて

ギューーって抱きしめた

 

そして昨日した事をいろいろ話してくれた

まずは粘土して~
そのあとゲームして~

楽しいことだらけで話が止まらない

そして

夕飯は自分の好きなものだけ食べ

夜も昨日は特別に少し夜ふかしして

お絵かき対決をして遊んだりしたらしい

 

いつもであれば

嫌いな食べ物にも挑戦したり

夜は8時半までには

寝なければならないところを

昨日だけは特例で

全部許可してもらっていた

  

そのいつもの日常とは違った特別感が

とても楽しかったようだ

 

ニッコニコの娘とは反対に

ちょっとお疲れ気味の姉夫婦…

そりゃ初めて
子どもを1晩
預かったんだから
疲れるよね…
すまぬ!

 

姉夫婦は現在不妊治療中で

まだ子どもがいない

 

姉夫婦もプレママ、プレパパ体験ができ

楽しかった反面

初めてまるまる1日

子どもと一緒に過ごした事で

「1日くらいなら

ずっとかまってあげられて

笑顔でいられるけど

これが毎日続くと思うと大変だなー」

と育児の大変さを少し感じたようだった

 

「でもとても楽しかったから

またお泊りおいでね!」

と言ってくれて

嬉しかった

 

ももんは終始

楽しかった!
またお泊りしたい!

と言っており

1人で楽しくお泊り出来たことで

少し自信がついたように思えた

  

コロナで冬休みも

ほとんどお出かけも出来ない中

「お泊り」

という、親と離れる経験によって

貴重な体験を得ることができたようだ

  

私も娘が1晩いないことで

自分の時間の事を考えるきっかけになったし

そして姉夫婦も育児の大変さを

知る良いきっかけになった

 

なんだか娘が1晩お泊りしただけなのに

家族みんな少しレベルアップしたような

そんな感じがする!

 

ももんは余程お泊りが楽しかったようで

私と家路についても

LINE電話で2回も

姉夫婦とお話を楽しんでいた

  

姉夫婦はたいてい月1回くらいは

我が家へ遊びに来てくれているのだが

だいたい いつも遊べる時間は5時間程度

 

今回お泊りをして

姉夫婦と長い時間を過ごしたことにより

ももんは よりいっそう

姉夫婦に信頼の気持ちを持ったようだ

 

家以外にも自分の安心できる居場所がある

家族以外にも頼れる人がいる

それは子ども達にとって

きっと大きな心の支えになってくれると

私はそう思う

 

信頼する人がたくさんいれば

親に相談できないような事でも

その人達になら話せるかもしれない

 

子ども達の悩みも

親からのアドバイスだけでなく

信頼するいろんな人から

アドバイスを貰えれば

どれか1つが

解決に導いてくれるかもしれない

 

ももんのおばあちゃんであるグランマだって

大変な時でも、いつでも

陽気に考えられる所は

見習うべきところだし

  

姉は営業のセンスはバツグンだし

  

ともぞーのじぃじ、ばぁばだって

逆境を乗り越えて

脱サラして農家を経営するという

なかなかの経験の持ち主だし

  

「こんなふうに考える人がいるんだ」

「こんなことをできる人がいるんだ」

と世代を超えて

多種多様な大人と交わることは

子ども達の価値観や可能性を

広げてくれるんじゃないかなぁと

そう思う

 

それは

家族だけでなく

学校の友達であったり

先生であったり

SNSで出会った人達であったり

色々な場面で出会うすべての人に

言えることだろう

   

家族以外にも

いろいろな輪を広げていって欲しい

それは子ども達にとって

大きな糧となっていくだろうから

 

娘が1晩

姉夫婦の家へお泊りへ行っただけなのに

なんだかいろいろと考えてしまった

 

子どもがいると些細な事が

大きなイベントになったり

それによっていろいろ考えさせられたり

やっぱり
子育てって
面白いよね!!!

 


日記・雑談(主婦)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA