実は年間〇十万円の賭けに負けている!?その保険本当に必要??

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは~、もかです
今日は固定費を

減らす第2弾!
保険料の見直し

についてです。

以前に固定費を減らす方法としてスマホを格安SIMに変更することをオススメしました。

今回は保険料の見直しについてお話しますね!

固定費を減らす上でかなりだいじですよ!!

私も今回保険料を見直したことにより、

毎月49,597円

の固定費を減らすことができました

年間約60万円

うわぁ・・・めっちゃショック・・・

こんなにも節約できる余地があったとは・・・

ではどうやって減らすことができたのか??

早速見ていきましょう!!

我が家が加入していた保険

私が入っていた保険は以下のものです。

66,683円!!

年間にすると800,196円にもなります!!!

こんなに払ってたんかーーーーーい!!

そこで1つずつ保障内容を見直し、検討した結果

以下の保険に絞ることに決めました

ただ単に毎月の固定費を減らしたいから保険を解約したのではありませんよ!

保険を解約して何かあった時のリスクが上がってしまっては元も子もないですからね~

これだけに絞っても、我が家のリスク度は変わっていません

今までいかにムダな保険に入り
お金をたくさん払ってきたことか…

でも今気が付けてよかった!
一緒に保険について学んでいきましょ~♪♪

 

保険とは!!

まずはここから!
保険について正しく学びましょう

日常生活には事故や病気など、さまざまなリスクがつきものです

保険とはそのリスクが生じてしまった時に、そのダメージを回避・軽減するものです。

ではどのようなリスクがあるのでしょうか

上記のようにさまざまなリスクがあります!!!

これが起こったら人生立ち行かなくなる~~~

不安だ!
一応保険に入っておこう・・・

…..っていうのが過去の私…..愚かでした….

1つ1つのリスクに向き合わず

なんとな~く
不安だから保険に入っておくか

という感じで多くのムダな保険に加入しておりました…

 

保険に加入する際に大事なコト

それは不安という感情で判断するのではなく、ちゃんと数字で判断すること!!

そのリスクが起こりうる可能性はどのくらいなのか

②実際に起こってしまった場合、どれくらいの費用がかかるのか

この2つを考慮して、自分が入らなければならない保険を判断しましょう

リスクが起こる可能性と、費用をちゃんと数字で考えることが大事です!

例えば「がん保険」

がんになったら怖いですよね…

がんの為の治療費に莫大なお金がかかり、体調もままならず働けなくなり、生活が破綻する….

そんな風に思ってませんか??

先ほどお話した保険に加入する際の2つの原則を考えてみましょう

 

そのリスクが起こりうる可能性はどのくらいなのか

これは国立がん研究センターが出している男性のがんになる確率の

2020年7月の最新のデータです

この表をみると、今30歳の男性が10年後までにがんと診断される確率は0.6%です

かなり低確率

でもその低確率に自分がなってしまったら….

そこで2つ目の原則

 

実際に起こってしまった場合、どれくらいの費用がかかるのか

という事ですが、がんになった人の約6割が50~100万円程度の治療費ですんでいます。

日本は公的医療保険が充実しているので、病気によって生活が立ち行かなくなる程の負担をすることはほぼないんです。

100万円という治療費は確かに大きな金額ですが、そのように高額な治療費がかかった場合には「高額療養費制度」と言ってお金が払い戻されるシステムもあります。

皆さんが当たり前に入っている日本の健康保険は、他の民間の保険なんかに比べて、格段に充実した素晴らしい保険なんです!

では、改めて聞きます

ガンになる確率は30歳の人なら0.6%で、治療費も50~100万程度で済みます。

これを踏まえた上で、あなたは「ガン保険」に入りますか?

それでも不安だ!という方は保険に加入しても良いと思いますが、

この程度のリスクであれば、「貯金」でリスクをカバーすることが可能です。

ザックリとですが、200~300円万円貯金が出来ていれば、やめられる保険は多いんです!

ではこれらを考えた上で、本当に入らなければならない保険とはなんでしょうか

 

本当に必要な保険

それはこれだけでいいんです

本当に必要な保険

生命保険

・火災保険

・自動車保険

民間保険で備えるべきは、低確率でも、もしそのことが起こった場合に、多大な損失が起こる場合のみです

・生命保険は家族の大黒柱が亡くなったら、生活に困る家族がいます

・火災を起こしてしまえば、住む家がなくなり住宅ローンだけが残ります

・自動車、自転車で人を死なせてしまえば、損害賠償は億にのぼります

これらに関しては低確率ですが、もしも起こってしまった場合、数千万~数億のお金がかかり、とても貯金ではまかなえません。

このように人生を狂わせてしまうリスクに対しては、保険が必要です!

 

リスクに対する備え方

保険は3つに絞りましたが、

保険以外でリスクに対する備え

しておかなければなりません。

私は自分のリスクに対してこのように対応しています

今は保険だけでなく、
iDeCoやNISAなど、
節税にもなる様々な制度が
あるので、どんどん活用
していきましょう!

 

さいごに

今回、私は保障内容等を勉強しなおし、保険を見直したことで、自分の中の不安も固定費も下げることができました。

そもそも保険って万が一のお金を準備する為のものなのに

その保険によって、今までかなりのお金を減らしていました….

本末転倒…

何かあった時に、それをカバーできるだけのお金があれば、その保険は必要ないんですよね

大事なのは、突発的な出来事に対応できるだけのお金!貯蓄なんです!

そんな当たり前のことを見落としていました….

保険を見直し、その浮いた分のお金を貯蓄や運用に回して行きましょう

貯金がたまればたまるほど、やめられる保険が増えていきます

保険より貯蓄の方が、いろいろなリスクにも対応できるんです

例えば、「医療保険」は病気になった時にしか使えませんが、

自分の資金であれば、その他のリスク(介護、老後などなど)にも備える事ができます。

それらのリスクが
起こらなければ、
その資金を自分の楽しみに
回すことだって
できるんです!!

不安ばかりに目を向け、ただただ保険にお金を払うより、

自分で貯蓄、運用した方が、明るい未来が開けてくるとは思いませんか?

人生楽しみましょ~~~

保険の見直し、解約は少し手間がかかり、面倒な作業かもしれませんが、

固定費を大きく下げることのできる重要なところです。

一緒に頑張っていきましょ~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA