絵探し絵本の新定番!「ミッション100」

こんにちは~もかです。
本日はこれまた我が家のお気に入りの絵本を紹介します。

それがこちらっ!

「ミッション100」

今でも人気ですが、私たちママ・パパ世代の探し絵絵本の定番と言えば

「ウォーリーを探せ」ですよね

今はいろいろな探し絵絵本が出ていますが

有名どころでいうと「ミッケ」が良く知られていると思います。

が、しかし、我が家は断然「ミッション100」をオススメしたいっ!

そのミッション100の魅力をお伝えします

ミッション100内容紹介

100個の絵を探すというミッションをクリアしながら物語を進めていくという

ストーリー性のある探し絵絵本です。

物語もお姫様を助けたり、お友達を助け出したりなどの

壮大な冒険ファンタジーで、子供たちが好きなこと間違いなし!

なんといっても絵が繊細で、見ているだけでも楽しめます

先に見つけると子供たちの機嫌をそこねるので、基本眺めて見ている私でも、絵が可愛くてたのしいっ!

シリーズ

こちらの「ミッション100」はシリーズ化されており、現在5冊発売されています。

  • ミッション100 さらわれた ひめを すくえ!
  • ミッション100 オゥ・ローラひめと ドラゴロリン
  • ミッション100 アバ・レインボーひめと まじんコリゴーリ
  • ミッション100 ハナノアーナの はなのあな
  • ミッション100 うちゅうへ レッツ・モー!

本の魅力

こちらの探し絵絵本のなにが1番良いかというと、

それは探すものが全てイラスト入りで表示されていることです

探すものが左にあり、右の絵から探します
探すものがしっかり描かれています

「ミッケ」だと探すものの絵がのっていないので、

本当にこれが答えで良いのか?

ってモヤモヤする時がありますが

ミッション100は探すものがすべてイラストで描かれているので、そう言ったことがありません。

まだ文字を読めない3歳くらいからの子でも、1人で見ることができます。

そして100まで数えながら読むので、楽しみながら数のお勉強もできる!

また、なんと言っても絵が繊細でキレイ!!!

よくこんな細かい絵を1つ1つ丁寧にかけるな~

と作者の「かひろだ エマ」さんには関心します

絵はこんなに繊細なのに、さがすヤツらのネーミングセンスが

「チュースキー」、「ペッコリーナ」、「ハナノアーナ」だの「まじんコリゴーリ」だの、いちいち名前がくだらなくて面白い!

子供ってこういうふざけた名前とか大好きですよね~

さいごに

本当に楽しいオススメできる絵探し絵本なのですが、

我が家のルール「寝る前の3冊」にこの本を選ばれると落胆します….

1から全部やっていたら、余裕で1時間くらいかかっちゃいますからね

新幹線など長い移動がある時に読ませたりは向いていると思いますが、

寝る前はやめてくれーーーー!!!

私はあんまりこういう探し絵絵本得意ではないので、だいたい夫のトモゾーにお願いしてます。

熱血の彼は絶対に探し出すまで終わりません…..

答えを見るなんて論外!!!
見つけるまで探し続けるぞ!!!

彼は「サイゼリヤ」に行った時は、必ずメニューの探し絵をやってます…

あれ難しいですよね~…..

子供達が諦めても、いつも最後まで必死になってやってます

いや、もう帰ろうよ…..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA