寝る前の絵本100選【保存版】

こんにちは~もかです!
@mama-asobitai

PVアクセスランキング にほんブログ村

今日は私が毎晩日課としている

読み聞かせ絵本

のご紹介!

読み聞かせと言えば

この話を聞いたことが

ある人も多いはず!

3歳までに10,000回読み聞かせ

3歳までに絶対やるべき幼児教育―頭のいい子に育てる

この本の著書である佐藤さんは

4人のお子さんを「東大理Ⅲに4人合格」

させている幼児教育界のカリスマ ママ!

もかさん…
カリスマって…
古くない…?

とうことで私も

子供2人を
東大に
入れるんじゃー!

と意気込みたいところですが

この話はこの記事を書いている

今知りました(笑)

 

私は子供を東大に!

なんて考えることはできません!

だって
私が勉強できないから!

 

そんな私ですが

なにか子供たちに

できることはないかと考えた結果…

1日3冊の絵本を読み聞かせよう!

を現在も実践中です

 

ということで

色んな本を読んできた我が家が

おすすめできる

絵本100選

を紹介していきます!

 

目次

おしっこちょっぴりもれたろう


おしっこちょっぴりもれたろう

著者:ヨシタケシンスケ

もうタイトルで面白い!

うちの旦那は…

これは
全ての男子に
ささげたい!

とかわけのわからんことを

言う始末!

これを読んでから

うちの息子は

トイレから帰ってくると

ちょっぴりもれたろう!

と自慢気です・・・

なつみはなんにでもなれる


なつみはなんにでもなれる

著者: ヨシタケシンスケ

こんなに子ども目線の絵本で

子どもから大人でも笑えて

考えさせられる絵本はないっ!

新感覚絵本!

この絵本を読んだ後に

子供がなんにでも

変身し始めるので

ママの試練の始まりです

 

もうぬげない


もう ぬげない

著者:ヨシタケシンスケ

お着替えがまだまだ1人でできない子どもに

ありがちな話を面白おかしく描く

大人からみるとお着替えなんて当たり前の事で

むちゃくちゃ時間かかってやる子どもに

イライラしてしまいがちだけど

温かく見守ってあげたい!

ってそんな気持ちにさせてくれる絵本

子どもはこの絵本みたいに

おもしろ、おかしく見えても

きっと大真面目なのだろうから

 

りゆうがあります


りゆうがあります (PHPわたしのえほん)

著者:ヨシタケシンスケ

子どもには子どもにしか分からない理由がある

そのことを忘れちゃダメですよね

こんな理由を子どもに言われたら

つい笑って許してしまいそう(笑)

 

ふまんがあります


ふまんがあります (PHPわたしのえほん)

著者:ヨシタケシンスケ

子どもの頃って

大人は自由でいいな~

なんて思ってた事を

この絵本を読んでいたら思い出しました

パパと娘の掛け合いが面白い

こんなパパがいたら

娘は幸せだろうな~

 

わたしのわごむはわたさない


わたしのわごむはわたさない

著者:ヨシタケシンスケ

大人にとってゴミに見えるものでも

子どもにとっては大切な宝物だったりするんですよね~

その事を面白おかしく伝えてくれる

娘の大量の宝物…こっそり捨てた時にかぎって

「ママ?私の〇〇どこやった???」

ってことがよくありますwww

 

ノラネコぐんだん

ノラネコぐんだん

著者:工藤 ノリコ

私が特に好きなのは「パンこうじょう」

ふてぶてしい顔のまんまに

この猫たちはなかなかの悪者ですwww

自分が食べたいパンを作るために

最終的にはパンこうじょうを爆破www

どの話もさいごには正座をさせられお説教

チョイ悪ねこたちなのになぜか憎めない

大人でも面白いストーリー展開と

ふてぶてしい猫のとりこに!

 

あべべのぼうけん

著者:佐藤 雅彦

子供にプログラミングとはなんぞや?

を説明するのに最適な絵本

むしろ大人が勉強になるかも

\↓詳しくはこちらから↓/

 

ミッション100

著者:かひろだ エマ

我が家の絵探し絵本の決定版!

ウォーリーで育った私にとって

ミッケ!は正直面白くない!

子供もあまり好きじゃないみたいだし

でもこの絵本は

ちょっぴり下品なキャラクター達が

繰り広げるドタバタストーリーとともに

絵探しができるので面白い!

 

ぼくのトイレ


ぼくのトイレ (わたしのえほん)

著者:鈴木 ノリタケ

トイレトレーニングの時に

読ませてみた絵本

この絵本をよんだら

トイレに興味を持つこと間違いなし!

私は断然図書館トイレ!

欲しいっwww

途中の探し絵もおもしろポイント!

 

まいごのたまご


まいごのたまご

著者:アレックス・ラティマー

恐竜好きの子にオススメの絵本

有名どころの恐竜が勢揃い!

恐竜たちが出すヒントから

卵の赤ちゃんを言い当てるという

クイズ的要素もあって楽しいっ!

 

いばりんぼかいぶつシド


いばりんぼかいぶつシド (パクパクしかけえほん)

著者:サム ロイド

絵本の真ん中のぬいぐるみに手を入れて

お話に合わせてぬいぐるみを

動かす絵本

必ずこどもが飛びついてくるので

ぬいぐるみはぼろぼろです・・・

 

ドアをあけたら


ドアをあけたら

著者:しまだ ともみ

小さい子にはハマるこの絵本

ちょっとした仕掛け絵本で

ネタバレしたら

もう見なくなるかと思いきや

まだまだ我が家のスタメンです!

 

はらぺこあおむし


はらぺこあおむし

著者:エリック カール

大ベストセラーの

「はらぺこあおむし」

はもれなくうちの子もハマって

全部暗記したほど

このあおむしは

全ての子どもを魅了させやがる!

 

かいじゅうたちのいるところ


かいじゅうたちのいるところ

著者:モーリス・センダック

私が子供のころの

お気に入りの絵本の1つ

不気味な絵のタッチと

世界観が気になって

何度も手に取りたくなる

 

ながーい5ふん みじかい5ふん


ながーい5ふん みじかい5ふん

著者:オリヴィエ タレック

5分は長い?短い?

時間の面白さに気づく絵本

 

ちいさな くれよん


ちいさなくれよん (こどものくに傑作絵本)

著者:篠塚 かをり

物があふれている昨今に

物の大切さを教えてくれる絵本

この黄色いクレヨンの生き様!

カッコいいぜ!

「我が人生に一辺の悔いなしっ!」

って感じ♪

 

ねむたいピクルスくん


ねむたいピクルスくん (至光社ブッククラブ国際版絵本)

著者:五十嵐 昭子

わたしが子どものころから

寝る前にずーっと

読み聞かせてもらっていた絵本

あくびの連続が

むしろ親を眠りへといざなう…

\↓詳しくはコチラから↓/

 

パンダ銭湯


パンダ銭湯

著者:tupera tupera

おまえ…
パンダじゃ
ないんか〜〜〜いっ!

 

やさいさん


やさいさん (PETIT POOKA) 0~3歳児向け 絵本

著者:tupera tupera

ひたすら野菜さんをよんで

「すっぽーん」って引っこ抜く絵本

子どもはこの繰り返しがハマるのか

こちらも、もはや暗記したくらい読まされた絵本

 

しろくまのパンツ


しろくまのパンツ

著者:tupera tupera

これは絶対にネタバレ禁止絵本です!

絵が気に入ったら何も調べずに買ってください!

内容は面白いので

子供はネタバレしても楽しんでます!

 

だるまさんが

著者:かがくい ひろし

だるまさん「が」「の」「と」の3シリーズがある

ストーリーは無いんですが

この赤いだるまさんが1~2歳の子は惹かれるようで

ニコニコ笑顔に!

子供がハマること間違いなし

そしてこの短い絵本を何度も!何十回も読まされる!

さぁ!あなたはこの試練に耐えられるかっ

結構つらいぞ!?

 

うんこ


うんこ!

著者:サトシン

ちびっこがだいすき「うんこ」のはなし

みんなから嫌がられるうんこだけど

役にも立つんだよ

「うんこ」の話でもこういうお話ならいいね

我が家の本棚に採用決定!!!

 

ぐりとぐら


ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

著者:なかがわ りえこ

みんなご存知ぐりとぐら

あのカステラが子供心をくすぐるので

なぜかカステラを食べたくなる絵本

ただ、このカステラ以上に

美味しく感じるカステラに

出会えない不思議

 

ぞうくんとりすちゃん


ぞうくんとりすちゃん

著者:藤子 F・不二雄

なんとドラえもんの作者

「藤子・F・不二雄」さん

が書いた絵本!

実はマンガだけじゃなかった!

とはいえ、この絵本には文章がない

全てアドリブ!

子供と一緒に絵本を作っていくと

思いがけない子供の発想や

想像力に驚かされます

巻末の不二雄さんの娘さんのお話も

ぜひ読んでみて欲しい!

 

おしりたんてい


おしりたんてい (単行本)

著者:トロル

これはおしりたんていのアニメを

見てから読んでほしい!

ジェントルなおしりたんていの喋り方や

マルチーズ署長のモノマネを

しながら読むと、子どもは大爆笑!!

 

ぼちぼちいこか


ぼちぼちいこか

著者:マイク・セイラー

旦那が小学校4年生の転校のときに

担任の先生からもらったこの絵本

自分は自分、無理せずぼちぼちいこか

と思わせてくれる

大人にも読んでもらいたい絵本

 

なんでやねん


なんでやねん

著者:中川 ひろたか

なにゆえ「なんでやねん」って言葉は

しゃべるだけでこんなに面白くなるのか

関西出身のうちのパパとじぃじが読んでくれるので

子どもの「なんでやねん」が本場の発音に

 

14ひきのシリーズ

著者:いわむら かずお

普通の絵本と思いきや

細かい描写のおかげで

我が家では絵探し絵本として活躍!!

 

えんとつ町のプペル


えんとつ町のプペル

著者:にしの あきひろ

映画化もして最近大人気の絵本

絵はきれいなんですが

う〜ん、あまり私は文字の多い絵本は好きではないな

どちらかというと子どもというより

大人が好みそうな絵本かなぁと…

どう感じるかはあなた次第!

 

くれよんのくろくん


くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)

著者:なかや みわ

くれよんの黒がいとおしくなる絵本

この本を読んでから、一時期

絵を黒で書くように!

心病んでる子って心配されるから

やめて~~~

小さい子には色の練習にもなる

 

Papa!パパーッ! 


Papa!パパーッ! (ポプラせかいの絵本)

著者:フィリップ・コランタン

パパーーーーーッ!!!って

叫ぶところから始まる

まずはココで大爆笑

そしてオチも可愛くて好き

 

さむがりやのサンタ


さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ)

著者:レイモンド・ブリッグズ

文字がないマンガ風の絵本

うちの子は1コマ1コマ

アテレコしながら読んでます

子どもの想像力を引き立ててくれる

そんな絵本

 

サンタさんのてがみ


サンタさんのてがみ (クリスマス×しかけ×手紙【2歳 3歳 4歳 からの絵本】)

著者:ジョセフィン・コリンズ

小さなお手紙がいくつも入った

かわいい仕掛け絵本

絵本は自分で読みたがらなくても

このお手紙だと興味をもって

みずから文字を読もうとしてくれる

以外と子どもの字を読む練習になった絵本

 

ボノロン


森の戦士ボノロン 涙のきせきの巻 (ポラメルブックス)

著者:きたはら せいぼう

優しい巨大な怪獣のお話

ボノロンのセリフをなまらせて読み聞かせると

子供に大ウケしますよ

というかこの絵本の一番いいところは

セブンイレブンで無料でもらえるってこと

ありがたや~~~

 

しろくまちゃんのホットケーキ


しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

著者:わかやま けん

ホットケーキの作り方が1〜10まで解説されている絵本

マツコさんの番組でも取り上げられ一躍有名に!

この本を読むと子供がホットケーキをせがんでくるが

いざ作ると全然たべない・・・

 

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう


はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

著者:くぼ まちこ

歯ブラシが電車というところに

やたら食いついた絵本

実際の歯ブラシを持って

この絵本の真似をすると・・・

歯磨きに成功!(1日だけ)

 

きょうのおやつは


きょうの おやつは (福音館の単行本)

著者:わたなべ ちなつ

これは画期的!

絵本の概念が覆されました!

数々の仕掛け絵本を読みましたが

この発想はなかった!

片側が鏡の仕様になっており

もう片方の絵を鏡に写し出すことで完成される絵本です。

自分自身が主人公にも慣れる絵本です。

 

おやすみ、ロジャー


おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

著者:カール=ヨハン・エリーン

世間の意見に

騙されてはいけない!

この本では

我が子は寝ない!

 

100万回生きたねこ


100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

著者:佐野 洋子

 

100階だてのいえシリーズ


100かいだてのいえ

著者:岩井 俊雄

これは面白いだけじゃなく

100までの数字のお勉強にもなる!

1階、1階ごとに

いろいろな生き物が

それぞれの生活をしていて

絵を見ながら楽しく100まで数えられる

じっくり読んでると

かなり時間がかかるのでご用心…

ボリューム満載の絵本

「うみ」「そら」「ちか」

バージョンもあって

全部ガッツリよんだら

きっと100まで覚えられそう!

 

ノンタンシリーズ

著者:キヨノ サチコ

私が子どものころ

大好きだったノンタン!

やっぱり子どもも大好きで読んでました

世代を超えて読み継がれる名作!

 

そらまめくんシリーズ

著者:なかや みわ

絵、ストーリー共に

男女問わず万人受けする1軍絵本!

やはり人気の絵本には

惹きつけられる何かがあるぞ

シリーズ化されているが

どれもオススメできる絵本です

 

ダドリーのちいさな絵本シリーズ


あまいいちごはどこにある? (ダドリーのちいさな絵本)

著者:ジュディ テイラー

小さい頃私が大好きだった絵本

とても繊細な絵で、よく見るといろんな発見があり

見ているだけでも純粋に楽しいっ!

かなり古い絵本なので

もはや発売はされていないが

もし見つけたら読んでみて欲しい絵本

 

ぽちの えにっき


ぽちのえにっき (至光社国際版絵本)

著者:いもと ようこ

子犬のポチを男の子が

絵日記風につづった絵本

ほっこりする内容に

「いもとようこ」さんの絵が

とてもピッタリ!

とてもほっこりする絵本で

おやすみ前の子どもとの

読み聞かせにピッタリ!

「いもとようこさん」の絵は

見ているだけで、幸せを感じる〜

 

おおきなかぶ


おおきなかぶ

著者:A.トルストイ

「みんなを呼びに行く前に、

まずは自分でカブの周りを掘ってみるとかしたら

良かったんじゃない?」

って、初めて読んだ時の娘の感想が忘れられない

私にとって忘れらない絵本

子どもによっていろいろ考えがあるんだな〜

って思わされました

 

きんぎょがにげた


きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)

著者:五味 太郎

1歳〜2歳くらいの時に

読んでいた探し絵絵本

見つけやすい金魚を探すだけの絵本なんですが

1歳半〜2歳くらいの子にはちょうど良いみたいで

「どこかな〜?」

「いた!」って繰り返してると

だんだん言えるようになってきて

言葉の練習になりました!

 

おつきさまこんばんは


おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

著者:林 明子

うちの子が1歳〜2歳くらいの時に

大ヒットした絵本

丸いお月さまの顔に惹かれるのか

この紺と黄色のコントラスト

が見やすくて惹かれるのか

大人には分からないが

さんざん読まされた思い出が・・・

お月さまだけでなく

何も喋らないのに

凄い気になる存在のネコにご注目!

このわき役のネコ達がいることによって

うちの子達は

勝手にいろんなストーリー作って楽しんでました

想像力を掻き立ててくれる名わき役!

 

がたんごとん がたんごとん


がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

著者:安西 水丸

がたんごとんをん何回言わされるんだ!

となる絵本

こどもと一緒に

ガタンゴトン言いながら

読み進めると親子で楽しめる!

 

うずらちゃんのかくれんぼ


うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

著者:きもと ももこ

題名どおり

ひよこちゃんとうずらちゃんが

かくれんぼをする絵本

見つけやすい探し絵なので

2歳くらいの小さい子向けの絵本

かくれんぼが大好きなお子さんにオススメ

 

はじめてのおつかい


はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

著者:筒井 頼子

初めてのおつかいの子どものドキドキ感を

見事に表現した絵本

うちはまだ

1人でおつかいさせたことないんですが

きっとこんな感じなんだろうな〜

って想像しながら

私も楽しく読んでいます

 

とけいのほん


とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)

著者:まつい のりこ

時計のお勉強ができる絵本ですが

お話のような文章なので楽しく読めちゃいます

子どもにとって時計を読むのは難しいですが

この絵本ならあまり身構えずに

時計に慣れてくれるので

時計のお勉強をし始める前に

一度読んでみてほしい絵本です

この本では○時と、○時半だけなので

ステップアップしたい方は

「とけいのほん②」もオススメ

 

じゃあじゃあ びりびり


じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

著者:まつい のりこ

まだ言葉を話せない子供に擬音を楽しんでもらえる絵本

言葉が話せるようになると、自然と暗記してしまうので

こっちに読み聞かせしてくれる親が助かる良書

 

ばばばあちゃんシリーズ


よもぎだんご (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)

著者:さとう わきこ

子供ながらによもぎ団子が

なぜかめちゃくちゃ美味しそうに映る絵本

昔はこんなおばぁちゃんが

そこらじゅうにいた気もするなぁ

今では聞かなくなってしまった生活の知恵

を知ることができる古き良き絵本

 

モチモチの木


モチモチの木 (創作絵本6)

著者:斎藤 隆介

絵が切り絵で全体的にくらいので

怖い話かと思いきや

いやいや中々の愛情物語

じさまの

「人間優しささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっとやるもんだ」

って言葉にジ〜ンとくる

孫を信じて優しくみまもるじさまの姿は

親としても見習うところがある

作者、斎藤さんの

「人間のすばらしい行動の底には、優しさこそが金の発動機になっている」

と言った話が心にしみる〜〜〜〜っ!

 

おしいれのぼうけん


おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)

著者:ふるた たるひ

これは絵本というより小説

子どもの時はこれほど

わくわくどきどきする絵本は

なかったかも…

親が泣ける絵本です(別の意味で…)

 

わたしのワンピース


わたしのワンピース

著者:にしまき かやこ

私が小さい頃大好きで

なん回も読んだ絵本

真っ白なワンピースがいろいろな模様に変わっていき

ついには空に飛び立つ!

とても可愛らしくリズム感のある絵本ですが

うちの子たちはなんだか

うさぎさんが飛んだり墜落したりと

ちょっとニュアンスを変えて

爆笑しながら読んでます…

 

ビロードのうさぎ


ビロードのうさぎ

著者:マージェリィ・W. ビアンコ

おもちゃの価値について考えさせられる絵本

この絵本を読むと

心からおもちゃを大切にしたくなる…

そしておもちゃが…

特にぬいぐるみが捨てられなくなるーーーーっ!

 

にじいろのさかな


にじいろのさかな (世界の絵本)

著者:マーカス・フィスター

キラキラの表紙が気になって

子供が手にとった本

内容も私は良いと思うが

この本の内容は他の絵本と違って

賛否両論がとても多い

あなたはどう感じる?

そんな意味でも是非1度読んでみて

子どもと話し合ってほしい絵本

 

くまのコールテンくん


くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)

著者:ドン=フリーマン

女の子とくまのぬいぐるみとの出会いの絵本

うちの娘も

大好きなくまのぬいぐるみを持っているせいか

この内容には心惹かれるよう

小さな女の子にとって

お気に入りのぬいぐるみって

結構大切な存在ですよね〜

そんなぬいぐるみ好きの子には刺さる1冊!

 

もこもこもこ


もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

著者:谷川 俊太郎

地面が「もこもこ」っと盛り上がって

大きくなっていく

ほぼ「もこもこ」しか言わないので

大人が読むとなんじゃこれ?

って感じなんですが…

1~2歳の小さいうちって

「もこもこ」とか「にょき」とか

擬音語が楽しいのかなぁ??

なぜか子どもがハマって何回も読みました

 

スイミー


スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

著者:レオ・レオニ

みんなご存知スイミー

もはや説明不要の絵本ですね

優しい絵のタッチに

大人となった今でも癒されます

 

パパ、お月さまとって!


パパ、お月さまとって!

著者:エリック カール

「はらぺこあおむし」の著者

エリックカールさんの絵本

シンプルで、可愛い内容でストーリーも良いが

やはり

なぜかこの人の絵には

大人も子どもも魅了される

 

おせちいっかのおしょうがつ


おせちいっかのおしょうがつ

著者:わたなべ あや

お正月に読みたい絵本No1!

おせち料理の意味が書いてあったりして

子どもに「お正月」という行事を

教えるのにとても役立つ1冊!

おせち料理の意味って

自分でもあやふやなところがあるから

大人でもお勉強になる

 

どうぞのいす


どうぞのいす (【2歳 3歳 4歳児の絵本】)

著者:香山 美子

とても温かい気持ちにさせてくれる絵本

次の人のことを考えられる親切な動物たちが

優しく温かい気持ちにさせてくれる

安心して子どもに読み聞かせできる絵本です

 

パンどろぼう


パンどろぼう (角川書店単行本)

著者:柴田 ケイコ

パンどろぼうの顔芸が面白い!

子どもが絶対笑うポイントです

途中パンどろぼうを探すところもあったりして

親子で盛り上がれる

さあ!

あなたもパンどろぼうの正体をつきとめよう!

 

あおいよるのゆめ


あおいよるのゆめ―ちいさなゆびで (World library イタリア)

著者:ガブリエーレ・クリーマ

0歳から読めると最近人気の絵本

指でスライドするだけで

お空に星をともしたり、街中に明かりを灯したり

と、とっても夢のあるキレイな絵本

0〜1歳でも、絵本が好きになるきっかけを

与えてくれそうな1冊

 

とんでもない


とんでもない

著者:鈴木 のりたけ

とりあえず・・・

鼻くそほじってるライオンの絵にまず惹かれるwww

動物がいろいろ出てくるから

子どもは喜ぶし

読んでいる大人も考えさせられる

子どもから大人にまでオススメできる絵本

無い物ねだりで他人を羨ましがるけど

それぞれ大変な事があるよ

っていう事を子ども向けに

可愛く伝えてくれている

 

おおきくなるっていうことは


おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)

著者:中川 ひろたか

大きくなるということ

について具体的に分かりやすく

例を上げているので

子どもでも理解しやすい

1つ1つは取るに足らない事だけど

こういった小さいことの積み重ねで

子どもって成長していくんですよね〜

赤ちゃんの頃って

手を握り代えしただの、寝返りをしただの

1つ1つの出来事に目を向けてあげられていたのに

大きくなってくるとそれが当たり前になってしまう

子どもの成長の1つ1つを

大切に見守ってあげたい!

と再認識させてくれた絵本

 

ピヨピヨスーパーマーケット


ピヨピヨスーパーマーケット

著者:工藤 ノリコ

大人気「のらねこぐんだん」の著者

工藤ノリコさんが書く

こちらはピヨピヨシリーズ

絵が細かくてストーリーも笑えて

親子で楽しめる1冊

 

おまえうまそうだな


おまえうまそうだな (絵本の時間)

著者:宮西 達也

恐竜好きの息子に良いと思って

手にとってみたところ・・・

なかなかの
感動物語!

豪快な絵とは裏腹に

ティラノサウルスの繊細な心情と哀愁が

なんとも言えず、心にしみる〜〜っ!

なんて良いティラノサウルスなんだ!

他にもシリーズが出ているので、

絶対読みたい!

 

ママがおばけになっちゃった


ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

著者:のぶみ

こちらテレビなどでもたびたび紹介されて

本屋さんでも平積みになっている

大人気の絵本…

なんですが…

私は好きではないかな

子どもに母の死を考えさせるって

かなり不安にさせますし

こんな数ページの絵本で語れる程

親の死ってのは軽くない…

私は実際に小さい頃

父を交通事故で亡くした経験があるので

この絵本は
人気ですが
ちょっと苦手…

 

しんかんくんうちにくる


しんかんくんうちにくる (あかね・新えほんシリーズ)

著者:のぶみ

こちらも「のぶみ」さんの作品ですが

こちらは可愛いお話で

うちの子も喜んで読んでいました

「しんかんくん」

という新幹線が主人公のお話

乗り物大好きな男の子はもちろんのこと

優しい絵のタッチとお話で女の子も楽しめる!

男女の兄弟にオススメです!

途中に探し絵的な要素もあって、そこも楽しい

サンリオキャラクターのしんかんせんに

似ているのも気になるところ

こ、これは…だ…大丈夫なのか!?!?

 

はみがきおねがい!


はみがきおねがい! (できるかな 2)

著者:わだ ことみ

絵本についてくる歯ブラシで

絵本に登場してくるキャラクターの

歯を磨いてあげる絵本

キャラクターたちのとにかく汚い歯が印象的

子供でも思わず

歯を磨いてあげたくなる汚さは必見!!

 

あえたらいいな


あえたらいいな

著者:かさい まり

冬の公園で雪だるまを通じて

くまの子二人がお友達になるお話

入学や転校したての子供の心情を

うまく描写した絵本

最後はハッピーエンドで

親子でほっこり

 

ティモシーとサラのとりかえっこ


ティモシーとサラのとりかえっこ: ティモシーとサラのえほん(7) (えほんとなかよし)

著者:芭蕉 みどり

こちら「ティモシーとサラ」は

シリーズ化されており

何冊か発売されています

子どもたちも

この可愛い絵とお話に惹かれるようで

楽しく読んでいます

このとりかえっこの絵本は

ママとパパの愛を感じられる

シリーズの中でも私の好きな1冊

 

おとうさんはウルトラマン


おとうさんはウルトラマン (ウルトラマンえほん)

著者:みやにし たつや

ウルトラマン好きの子はぜったいハマる!

内容もただウルトラマンの絵で釣ってる訳じゃなくて

面白い!

どちらかというと絵本は

子どもとママが主役の絵本が多いですが

たまには強くて優しいパパが主役の絵本も

子どもに読んであげたい

ウルトラマンはシリーズ化されていて

どの絵本も面白くてオススメです

 

パパ、サンドイッチつくってあげる


パパ、サンドイッチつくってあげる! (海外秀作絵本)

著者:ピップ・ジョーンズ

「パーパー」

って女の子が叫ぶところが気に入ったようで

子どもと一緒にパパーって

叫びながら始まる絵本www

オチが可愛くて面白い!

 

おうさまのたからもの


おうさまのたからもの (至光社国際版絵本)

著者:糟谷 奈美

カラフルな色合いの絵がとっても可愛い!

自分にとっての大切な宝物ってなんだろう

という、結構深いお話

小さい子は小さい子なりに絵を楽しめるし

大きくなって内容を深く理解できれば

また楽しめるし、長い間楽しめる絵本

 

ぼくのきょうりゅうかんさつ日記


ぼくのきょうりゅうかんさつ日記 (児童書)

著者:長崎 真悟

恐竜好きの男の子に絶対オススメ!

絵本でも結構細かい内容までのっていて

絵本と図鑑の中間のような感じ

小さい子もまずは絵から楽しめるし

大きくなっても内容に不足なし!

2〜3歳としが離れた兄弟も

どちらも全力で楽しめるナイスな絵

 

おむつのなか、みせてみせて!


おむつのなか、みせてみせて!

著者:ヒド・ファン・ヘネヒテン

トイトレ、おむつ外しの時にオススメの1冊!

もちろんそれ以外でも、楽しいしかけと

ちびっこが大好きな「うんち」がいっぱい出てくるので

子どもウケ間違いなし!

 

ぜったいにおしちゃダメ?


ぜったいに おしちゃダメ? (サンクチュアリ出版)

著者:ビルコッター

ダメ!

と言われるとやりたくなっちゃう心理をついた絵本

うちの子はダメって言われたものは

きっちり守っちゃう派なので

なかなか押さないから

「いや!ちょっと押してみっ?」

ってよく分からないやり取りにwww

でもそんな子でも楽しかったようで

何回か手にとって読んだ絵本

他にも「ぜったいにあけちゃダメ?」が発売中

 

いないいいないばぁあそび


おでかけ版 いないいないばぁあそび (あかちゃんのあそびえほん おでかけ版ボードブック)

著者:木村 裕一

1、2歳くらいの時にめちゃくちゃ読んだ絵本

もはや読みすぎて

途中から速読なみの速さでページをめくっていた我が子

2秒くらいで全部読んでたな〜…

それくらい好きで、もう本がボロッボロ…

 

サンタクロースとちいさな木


サンタクロースとちいさな木 ((サンタクロース島のサンタクロース))

著者:エアーダイブ

主人公はサンタクロース!

かと思いきや「ちいさな木」がメインの主人公

弱虫だった小さな木が

逆境から立ち上がり

優しさと勇気で

みんなに幸せと喜びを与えられる存在に成長する

そして感動のラスト!

この「ちいさな木」が愛おしくてたまらない

 

なつのおとずれ


なつのおとずれ (PHPわたしのえほんシリーズ)

著者:かがくいひろし

有名な「だるまさんが」を書いた

「かがくいひろし」さんの絵本

夏の風物詩達が夏に向けて全力疾走!

ラスト、みんながどこへ行ったのか探すのが

探し絵的で楽しいですよ

 

ちょっとだけ


ちょっとだけ (こどものとも絵本)

著者:瀧村 有子

下の子が産まれて

上の子がお姉ちゃんとして

少しずつ成長していく話

うちの長女もこんな気持ちだったのかな〜って

この本読むと上の子が

めちゃくちゃ
愛おしくなって
泣ける〜〜〜

2人目の育児って大変だけど

子どもも子どもなりに頑張ってる!

2人目の育児に疲れた時に

親子で一緒に読んでほしい絵本

ぜひその時は上の子をおヒザに乗せて

ぎゅーってしながら読んで欲しい

 

どっちの てに はいってるか?


どっちのてにはいってるか? (あてて・あててえほん)

著者:新井 洋行

もはや表紙みただけで内容が分かる!www

きっとこの絵本を読んだあとは

子どもに

「どっちにはいってるか?」クイズ

をやらされるハメになるかと・・・

1回読んで答えが分かると

次は得意げに

「あーはいはい!知ってますけど」

的な感じでまた読み始める

以外と飽きない絵本

新井 洋行さんの「いろいろばぁ」も

小さい頃さんざん読んだなぁ

他の本も面白いのでオススメです

新井さんの絵本には

1、2歳の子が食いつく何かがある

 

二番目の悪者


二番目の悪者

著者:林 木林

考えない、行動しない、という罪

大人でもグサッと心に突き刺さる…

これは子供も大人も一緒に

読んで考えてみて欲しい

ふ、ふかい!

 

ひかりのぼうけん


ひかりのぼうけん

著者:マリー・ヴォイト

おやすみ前に優しい気持ちになって

眠りにつく事ができる

優しいベッドタイムストーリー

読む人が少しでも

明るく幸せになれるような手助けをしたい

との作者マリーさんの思いが込められた

正にその通りの絵本

 

怪物園


怪物園 (福音館の単行本)

著者:junaida

おどろおどろしい表紙の怪物たち

の話かと思いきや

途中とちゅうに

子どもたちの想像の可愛い話と絵が入ってきて

そのギャップの繰り返しが

なんとも面白くてクセになる

 

Michi


Michi (福音館の単行本)

著者:junaida

なかみの文章は「みち」ってあるだけ…

だけど絵が面白い

ずっと眺めてられる綺麗さがあり

面白さもあるし

子どもたちにとっては

迷路としても遊べる

最初のページの男の子と

最後のページの女の子は

果たして巡り合うことができるのか!?

読んで
確かめてみて!

 

としょかんライオン


としょかんライオン (海外秀作絵本 17)

著者:ミシェル・ヌードセン

ちょっと長いので

小学生になってからが良いかも

ルール、規則について

考えるきっかけとなる絵本

うちの子にもまた

大きくなったら読ませてみたい

 

ねむねむさんがやってくる


ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話

著者:ユ・ヒジン

寝る前に読み聞かせたい可愛い「おやすみ絵本」

「早く寝なさい!」って言うよりも

1回この本を読んでみて

ちなみにうちのパパは

1分でねむねむさんがやってきてます(笑)

のび太くんと
勝負できるレベル!

 

くわがたのがたくん


くわがたのがたくん (かわいいむしのえほん)

著者:高家 博成

息子は虫が好きなんですが、私は苦手!

でもこれなら読んでもいいかって思える

虫を可愛く書いてくれた絵本

いろんなシリーズがありますよ

 

もりのがっしょうだん


もりのがっしょうだん

著者:たかどの ほうこ

誰でも経験のある不幸自慢の

子供バージョン、といった感じ

他人の悪口で盛り上がることは

自分の心を苦しめるよ

という教訓を教えてくれる

それにしても

先生のネーミングが面白すぎる!

ズルノヴィッチ、キタネヴィッチ・・・

子供がハマリそうなネーミングセンス!

 

ゆめレスキュー


ゆめレスキュー

著者:NOBU

バクたちが子どもたちの夢の中に入り込み

ピンチを救うお話

しっかりものの隊長と

おっちょこちょいな隊員たちの掛け合いが楽しい

ゆめの世界を救うという発想が斬新

 

見つからないように見つからないように (アプリ) 

著者:sizutarou

ねずみがお家の中から誰にも

見つからないようにお外へ脱走するお話

最後のオチは子供によっては

泣き出してしまうかも!?

うちの子は毛布にくるまりながら

片目で絵本を見ています笑

 

がおくんとぴょんちゃん (アプリ)

出典:PIBO

著者:タカクボ ジュン(公式HP)

絵本で漫才!

しかし、ただ読んだだけでは

笑ってくれない!

子どもに笑ってもらうには

読み手の腕が試されますよ!

 

せかいのはてまでつづくひも (アプリ)

著者:Colorful_n(公式instagram)

関西弁が話せる方には

絶対に読み聞かせて欲しい絵本

小気味よい関西弁のせいで

読み手が気持ちが良い(旦那談)

こどもにとっても絵本の中で繰り広げられる

ノリツッコミには自然と笑顔が溢れてくる絵本

 

コマナシ (アプリ)

著者:タスク(公式ブログ)

そんなオチあるんかーい!

と親が最後に爆笑する絵本

子供にとってはなんのことかよくわからないが

独特な泥棒風情のお父さんに

笑いは堪えるのは不可能!

 

マックの絵本

(写真)

ハッピーセットを注文するとついてくる

おまけの絵本

これがおまけでいいのか!?

ってくらい面白い絵本がたくさん!

我が家は全部集めてます!

子どもがマック大好きでよく行くので

絵本を集めるのは余裕なのさ

 

ラッキーカレー

ラッキーカレー』|感想・レビュー - 読書メーター

著者:シゲタ サヤカ

カレーがカレーを作るだとーー!?

そんな面白い話があるわけ・・・

ありました笑

我が家ではヨシタケシンスケさんと並んで

常に上位に食い込んでくる

シゲタサヤカさんの作品です

 

あった?

著者:ダイソー(100円ショップ)

え?これ100円でいいの?

と言いたくなる作り込みに感心する絵本

大人気ミッケシリーズ買うよりもこっちの方が面白いし

見ていて飽きない!

これはおすすめ!

 

さいごに

私はあまり文字が多くない

絵本が好きです

絵本は
ほどほどの
文字数のものが
好き!

絵本っていかに少ない文字数と絵で

伝えたいことを伝えるか

みたいなところが重要なんじゃないかな〜

それが絵本の醍醐味なんじゃないかな〜

と思うんですよね

 

ちょっとした文章と絵で

その子がどう感じるのかってのが大事かなぁと

絵もある上に

文章までガッツリかかれちゃうと

もはや答えが全て出ていて

考える余地が無いというか

子どもの想像する力を逆にうばってしまっている気が…

そこまで文章書くなら

小説で
いいんじゃないの?

って思ってしまう

 

絵本ってその子なりの見方があって

その子なりのおもしろポイントがあって

といったところが私は好きなんですよね

だから子どもに読み聞かせをしていると

文字ばかりおっている私の感想に対して

耳で聞き、絵をじっくりと眺めていた

子どもとでは違った感想が出てくる

 

絵本を読み終わったあとに

子どもに

「どうだった?」

って聞いてみると

思いもよらない感想が返ってきたりと

大人でもいろいろな気付きがあって楽しいっ!

だから私は子どもに絵本を読むのが

好きでやめられない

結局・・・

自分が絵本好きなのかっ!笑

 

これからも
いろんな絵本を
子どもと
発見して
行きたいなぁ

  

2 COMMENTS

あみこ

いつも楽しく拝読しています。
沢山紹介するの大変だったと思います。
パパママが大助かりの情報ですね!
息子いっちゃんにどの本がいいかな~♪
と考えながら読みました。
お父様のこと心が痛みました。
安全運転を厳行します。
またアップ楽しみにしています‼️

返信する
もか

あみこさん、ブログ内にコメントきたの初めてなので嬉しいです!
このながーーーいブログ全部読んでくれたんですか!?
ありがとうございます。
オススメ100選と言っておきながら
人気だけど好きじゃない…って本も入れてみました
父が亡くなったのは5歳の時で
それから子どもの頃ちょっと精神不安定になったりして…
家族4人で元気に暮らせるって、当たり前の様で本当にそれが1番幸せ
そんな事思い出させてくれたから、結果この絵本も良かったかも(笑)
お互いに安全運転しなきゃですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA